MENU

腎臓病の治療薬の種類とは?

腎臓病の治療薬の種類とは?

 

腎臓病は早期発見が重要な病気です。

 

もしも腎臓病を発症してしまった場合、何もしないと回復ができないほど深刻になってしまいます。

 

状態によっては人工透析などの治療が必要になりますが、ステージによって治療法は異なり、初期段階は薬物療法が基本です。

 

治療では、

経口吸着炭素製剤、エリストロポエチン製剤、カリウム吸着薬、リン吸着薬、活性型ビタミンD製剤

などを使用します。

 

それぞれ作用は異なります。

 

経口吸着炭素製剤

老廃物の排出を助ける作用を持つ薬です。腎臓の働きである排尿をサポートし、尿毒症の原因になる老廃物の排出をスムーズにします。

エリスロポエチン製剤

腎臓から血液を造るために分泌されるホルモンのエリスロポエチンを補うための薬になっています。このホルモンの分泌が減少することで貧血を引き起こしてしまい、さらに心臓に負担をかけることを防ぐ薬です。

カリウム吸着薬

余分なカリウムを吸着し、排出させるための薬です。
カリウムはナトリウムとのバランスが重要で多すぎると体に悪いので、その余分なカリウムを腸内で吸着し排出を促します。

リン吸着薬

上記と同様に、余分なリンを吸着して排出を促すための薬になっています。この薬により、高リン血症を防ぐためになります。

活性型ビタミンD製剤

ビタミンDを補給するための薬になります。
腎臓ではビタミンDを作り出していて、この働きが正常に行われることでカルシウムが吸収されて骨や歯を丈夫にしています。腎機能が低下すると、骨がもろくなってしまうので、それを防ぐために活性型ビタミンD製剤を使用します。

 

 

腎臓・腎機能の低下が気になり始めた方へ@サプリメントランキング

 

腎臓病の治療薬の種類とは?

クレアギニンEXの特徴

生命活動において重要な腎臓に効く! クレアギニンEXでは、ノコギリヤシやペポカボチャ、シトルリン、トコフェロールなど29種類の厳選された腎臓に有効な成分をブレンドしています。 各々の作用が相乗し、腎臓の働きをサポートします。腎機能の低下を感じている方に、数値が不安な方におすすめのサプリメントです。

価格 1,980円
評価 評価5
成分 ノコギリヤシ、ペポカボチャ、シトルリン、トコフェロールなど
クレアギニンEXの総評

(50代/男性)
毎日愛飲しています。続けているうちに、尿切れがよくなりました。 またそれだけではなく、体の調子が良くなったと思います。
(60代/男性)
何度も何度も夜中にトイレに起きて、朝起きると疲れがとれきれていなかったのですが、最近はしっかり朝まで眠れるようになりました。

 

腎臓病の治療薬の種類とは?

きなりの特徴

腎臓の数値も、生活習慣病も気になる…。そんな方におすすめのサプリメントがきなりです。 日々の食生活で不足しやすいオメガ3系脂肪酸をはじめ、血液サラサラ成分が高配合されています。 DHAやEPAは青魚に多く含まれる成分で血液サラサラ効果があり、腎臓の数値をはじめ、生活習慣病対策になります。しかも、それぞれの成分の酸化防ぐ抗酸化成分が豊富なクリルオイルも使用しています。 さらに血栓を溶かす作用まであるナットウキナーゼもプラス配合!

価格 1,980円
評価 評価4.5
成分 DHA、EPA、クリルオイル、ナットウキナーゼなど
 

腎臓病の治療薬の種類とは?

小林製薬のノコギリヤシEXの特徴

小林製薬が販売しているノコギリヤシEXは、腎臓に良いと言われる代表的な成分のノコギリヤシエキスの他に、トマトリコピンも配合しています。 ノコギリヤシエキスはβシトステロールが含まれていて、前立腺肥大や排尿障害の改善にも有効です。そして、トマトリコピンは活性酸素を除去し、腎障害の予防に有効です。

価格 1,250円
評価 評価4
成分 ノコギリヤシエキス、トマトリコピンなど