MENU

腎臓病と高血圧の関係

腎臓病と高血圧の関係

 

糖尿病と同じく、国民病と言っても過言ではない高血圧。生活習慣病の中でも、高血圧に悩んでいる人は多いと思います。

 

実はその高血圧と腎臓病は、切っても切れないほど深い関係にあります。悪い相互関係とも言える病気です。

 

まず、腎機能が低下していると、高血圧を引き起こしやすくなります。

 

腎臓は血液を造るために欠かせないホルモンを分泌していて、造血に関わっています

 

このため、腎機能が低下すると必要なホルモンの分泌がうまくいかず、赤血球が減ってしまって、心臓は余計に働き始めます。血液を送り出そうとするため、血圧が上昇してしまい、高血圧を誘発します。

 

また、血圧のコントロールに欠かせない酵素も腎臓が分泌しています。

 

腎臓は「レニン」という酵素を分泌していて、「アンジオテンシンU」というホルモンを作り出し、血圧を調節しています。

 

さらに腎機能が低下してしまうと、血液がろ過されないので腎臓が悪くなり、血圧が高くなって血管が硬化します。そして、高血圧を引き起こします。

 

反対に、高血圧の状態でも腎臓病を発症することがあります。

 

高血圧が続くと腎機能に負担をかけてしまうので、腎臓も衰えてしまうのです。

 

高血圧の人も、腎臓病で高血圧を防ぐためにも、塩分の摂取量には注意してください。塩分は血圧そのものを高める原因のひとつで、なおかつ腎臓では塩分と水分のバランスが保たれているため、塩分の過剰摂取はバランスを乱す原因になります。

 

腎臓・腎機能の低下が気になり始めた方へ@サプリメントランキング

 

腎臓病と高血圧の関係

クレアギニンEXの特徴

生命活動において重要な腎臓に効く! クレアギニンEXでは、ノコギリヤシやペポカボチャ、シトルリン、トコフェロールなど29種類の厳選された腎臓に有効な成分をブレンドしています。 各々の作用が相乗し、腎臓の働きをサポートします。腎機能の低下を感じている方に、数値が不安な方におすすめのサプリメントです。

価格 1,980円
評価 評価5
成分 ノコギリヤシ、ペポカボチャ、シトルリン、トコフェロールなど
クレアギニンEXの総評

(50代/男性)
毎日愛飲しています。続けているうちに、尿切れがよくなりました。 またそれだけではなく、体の調子が良くなったと思います。
(60代/男性)
何度も何度も夜中にトイレに起きて、朝起きると疲れがとれきれていなかったのですが、最近はしっかり朝まで眠れるようになりました。

 

腎臓病と高血圧の関係

きなりの特徴

腎臓の数値も、生活習慣病も気になる…。そんな方におすすめのサプリメントがきなりです。 日々の食生活で不足しやすいオメガ3系脂肪酸をはじめ、血液サラサラ成分が高配合されています。 DHAやEPAは青魚に多く含まれる成分で血液サラサラ効果があり、腎臓の数値をはじめ、生活習慣病対策になります。しかも、それぞれの成分の酸化防ぐ抗酸化成分が豊富なクリルオイルも使用しています。 さらに血栓を溶かす作用まであるナットウキナーゼもプラス配合!

価格 1,980円
評価 評価4.5
成分 DHA、EPA、クリルオイル、ナットウキナーゼなど
 

腎臓病と高血圧の関係

小林製薬のノコギリヤシEXの特徴

小林製薬が販売しているノコギリヤシEXは、腎臓に良いと言われる代表的な成分のノコギリヤシエキスの他に、トマトリコピンも配合しています。 ノコギリヤシエキスはβシトステロールが含まれていて、前立腺肥大や排尿障害の改善にも有効です。そして、トマトリコピンは活性酸素を除去し、腎障害の予防に有効です。

価格 1,250円
評価 評価4
成分 ノコギリヤシエキス、トマトリコピンなど